相続における法定相続分は相続人の親等によって変わってきますが配偶者が半分以上を占めています。
また、夫婦でお互いに助け合いお互いの財産を作るための大きな役割も果たしています。
そのようなことから配偶者控除と言う制度が設けられています。

配偶者控除とは、被相続人の配偶者が実際に取得した財産が1億6千万、若しくは配偶者の法定相続分までであれば相続税はかからないと言う制度です。
尚、仮装または隠蔽されていた財産は制度の適応対象外となりますので注意が必要です。

この配偶者控除は婚姻関係であれば期間が関係なく適応できます。
例え1日であったとしても正式な手続きを受けることができるのです。

配偶者控除を受ける場合は、申告期限までに配偶者の相続分を決め、申告をしなければなりません。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

お急ぎの方はお電話でご相談ください

お急ぎの方はお電話でご相談ください

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。