相続税の改定もあってか税金に関するお問い合わせが非常に増えています。
その中でも節税を意識している方が多いと感じられます。

節税対策は様々で色々な方法がございます。
その中でも一番簡単なものが、贈与税の基礎控除を利用した相続税対策です。

贈与税はその年の1月1日から12月31日までの1年間に受けた財産の合計額が110万円以下ならかかりません。
例えば、子供が3人居たとして、毎年それぞれに100万円ずつ贈与したとします。
すると10年間で税金はかからずに3000万円の贈与をすることができるのです。

また、一工夫として、毎年の贈与額を120万円にするのも良いでしょう。
なぜ110万円ではなく120万円にするのかと言うと、申告して納税しておく事で贈与の実績がつくられます。
すると後々に税務署から贈与そのものを否認されなくなるのです。

ちなみに贈与税は、基礎控除を差し引いた10万円の税率10%ですから1万円です。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。