再婚する前の前妻との間の子供がいることを知らなかったり、結婚する前に認知している子がいたということを知らなかった場合などで、戸籍を確認していって初めて知ったというケースでのご相談があります。

やはりこの場合、今までまったく知らなかった半血の兄弟や認知された人とすんなり話し合いなどが進まないのが現状です。

そういった場合に専門家に依頼してみる方がまとまるということがあります。
遺産のことや内訳、相続分の金額などの協力してもらいたいことを文書で出してもらいます。

あいだに法的な資格者が入ることと、文書で相手に伝えるということで、わかりあえることが多々あります。

それでもうまくいかないといった場合には調停となり、さらには裁判という可能性も出てきます。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。