当センターに寄せられた遺産分割協議の相談事例をご紹介します。

被相続人が父。母は以前死亡、相続人は長男、次男の二名。
遺言書は無し。

ご相談の内容としまして、長男さんはご両親の面倒を看ていた事による寄与分を主張したいとのことでした。
次男さんは話し合いに全く応じず等分に相続するの一点張りとのことでした。

当センターの案内としまして、寄与分の判断、寄与分の証明、妥当と思われる金額の算出は一般の方では難しく、また紛争の要素があったため
弁護士の先生への橋渡しをし、分割調停を行い、長男さんの主張が通る形で相続できました。

寄与分に関しては過去の判例等知識が必要で、相手に説明していくにあたっての裏付けが必要なことから
知識の無い中で話し合うのは避けた方がいいでしょう。