意外に家族、両親、配偶者の方が遺言書を書いてもらいたいと思っているのも実際に多いようです。

そこでいざ本人に話を切り出そうとするのは難しいのではないでしょうか?
人によっては縁起でもないと怒り出すおそれもあります。

一つの提案であれば、人の死に関係する話から切り出すことです。
例えば生命保険の話の流れから遺言書の話に繋げたりと、人の死に関係のある話題からすすめていくのもいいかもしれません。

もしくは、自分自身から遺言書を作成してみせるのも、説得力があるぶん効果があると思います。

財産目当てなのかと疑われてしまっては逆効果ですので、相続での争いを避けるために書いておいて欲しいと伝えることが肝心ですね。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。