遺贈とは遺言により被相続人の財産を相続人や相続人以外の人に無償で贈与することをいいます。遺贈する人のことを遺贈者といい、受ける側の人を受遺者といいます。

包括遺贈
遺産の特定をせずに全部又はその一定の割合を指定して行う遺贈のことです。
例えば、「遺産の全部」や「遺産の1/2」というような遺産の割合を指定する贈与のことです。メリットとしては、遺産の財産構成の変化に対応が可能です。デメリットとしては、借金の財産も割合に応じて引き継いでしまいます。

特定遺贈
対象物を特定して行う贈与のことです。
例えば、「どこどこの土地をAにあげる」や「株式をBにあげる」というような、明確に特定をする贈与のことです。メリットは、借金を引き継がなくてよい。
デメリットは、遺産の財産構成の変化に対応ができません。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。