相続が発生した場合、遺言書があるかどうかを確認することになります。
遺言書をなぜ確認しなければいけないかというと、亡くなった方の意思を尊重してあげたいと法律で規定されているからです。

そして、遺言書には種類があります。

自筆証書遺言

遺言書で多いのがこの自筆証書遺言です。自分で手書きして作成した遺言書でパソコンなどワープロなどで作成してはいけなく全部、自分自身で書く必要があります。

公正証書遺言

公証役場という官公庁で公証人という方に作ってもらい、自分の希望の遺言書を法律的にしっかりと作成してもらうことです。この公正証書遺言は、遺族がすぐに開封し、遺言書の内容を確認することができます。
ただ、公証人が2名必要とし相続人の人数と財産の金額によって手数料が必要となります。

秘密証書遺言

自分で作成した遺言書を公証役場に行って、公証人と証人2名にその遺言書の存在を証明してもらうものです。手続きは公証役場ですが、公証人が遺言書の内容を確認するわけではないので、法律的に有効な遺言書であるかどうかは保証されません。こちらはパソコンなどワープロなどで作成してもよく第三者が作成しても有効になります。

被相続人も相続人も知っておくといいですね。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。