遺言書の作成の注意点について。

まず前提として、自筆の遺言書よりは公正証書の遺言書の方が遺言書の安全性は高いと言えます。
一人で悩んで作るには限度がありますし、公証人や専門家に協力してもらうことにより、遺言書の内容に不備が出るなど残された家族が揉めることはなくなるということです。

具体的な作成のポイントとしては、基本的に内容はできる限り細かく正確に記載をするということ。
実際に相続財産が不明確で揉めてしまうという事例はとても多くあります。
また、相続人をしっかり指定をしてこれも相続させる経緯等明確に記載しておくことが大事です。

近年の遺産相続は遺言書があっても揉めるところは揉めてしまいます。よって、できる限り揉めないように本当に細部まで注意を払って遺言書の作成をした方が良いでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。