生前の意思を相続人に伝える手段に遺言書があります。
以前当センターに寄せられたご相談に「遺言書はあるが、必ずこのとおりに相続をしなければならないのか?」といった問合せをお受けしたことがあります。
遺言書がある場合は遺言の内容通りに相続をしていく流れが一般的ですが、相続人皆さんの同意と遺言執行者の同意のもと遺言内容以外の分配方法で遺産分割を行っていくということも可能です。

実際の実務上可能ではありますが、遺言者の意思を尊重という観点からすると少し疑問点残ります。それでは遺言を残す意味がないのでは?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、この状況を回避する方法があります。遺言の執行者に必ず遺言の内容通りに分配してもらうよう依頼をしておくことです。遺言を作成して満足ではなく、いざ相続が始まった時のことも考え残していきましょう。