本日は遺言書の重要性をお話したいと思います。

皆さんは一般的に遺言書と聞くと自信の直筆で書いた自筆の遺言書を思い浮かべる方が多くいらっしゃいます。この自筆の遺言書はその手軽さから作成される方もいらっしゃいますが、この遺言書は実際相続が始まった際にトラブルの種になる可能性があります。なぜかというと、書類に必ず記載しなければならない部分が抜けてしまっていたり、曖昧な表現やどちらとでもとれるような言い回しをつかってしまったりと原因は様々あげられます。こういった内容の不備から相続人から遺言書の無効を訴えられるケースも数多くお伺いします。せっかく遺言者が生前に相続の準備をしていたのに、亡くなった後に揉め事になってしまっては、遺言者の気持ちが浮かばれません。

このような事態を避けるためにも遺言書は自筆の物よりも公正証書の遺言書で残すことをお勧めします。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。