相続が始まった際にまずは、遺言書の有無を確認してください。

遺言書は、対象の相続に対して「第一に優先される」とされています。そのため遺言書を書く方が近年増加しています。

相続は原則、相続人の同意の上、名義の変更や分割を行ないます。
相続人が相続する相続分は、遺言書の指定があった場合は指定の相続分。ないしは、法定相続分で分割します。

被相続人の相続財産は、分割の内容を書面に書き出した「遺産分割協議書」を各管轄の機関、会社に提出します。
しかし、遺言書がある場合相続人の間での分割協議をまとめた分割協議書が無くても各管轄の機関や会社で手続きができます。

例えば、相続人のどなたかが被相続人の公正証書遺言を公証役場で検索し取得したとします。他の相続人は遠方のため集まって話し合いができないため、公正証書の遺言にて手続きを進めることができ便利です。

しかし、相続人1人で手続き出来てしまうため、他の相続人に内容などを伝えずに行なう事が出来てしまうということも頭に入れておきましょう。

相続が開始されると、どのような事が起こるかわかりませんので前もって確認しておくことが非常に大切です。