現在日本では、年間に約110万人の人が死亡すると言われていますが、遺言(公正証書遺言)を作成される件数は年間約8万件と言われています。
要するに「遺言がない遺産相続がほとんどで、ほとんどの家族が遺産分割協議をする必要がある」というわけです。

遺言は、被相続人の意志を象徴するもので、何よりも一番に優先されます。また、遺言によって法定相続人の様々な立場や、相続財産を合理的に分配してあげることにより、法定相続人同士を公平にし、紛争の防止する役割があります。

近年、遺産相続のトラブルが非常に増えています。現状で少しでも遺産相続に関心があるのであれば、まず第一に身の回りの遺産相続の対策をされることをお勧めします。