近年、遺産相続の関心が高まっており、遺言書を作成される方が増えておりますが、厳密に考えると、実際に誰に相続をさせるか決めて遺言書を作成したとしても完全に安心はできません。
遺言書の内容を実行する遺言執行者を指定した遺言書を残さなければ意味がありません。

遺言執行者には、これと言って特別な資格等は必要ないですが、遺言書で指定されればその人が就任します。また必ずしも執行にが必要というわけでもありません。
遺言執行者に指定された人がいないときや、指定された人が辞退した場合は、家庭裁判所に選任してもらうこともできます。
一番安心できるケースは、専門家に遺言執行者になってもらうことです。