遺言は遺言者がご自身の相続について、ご自身が自由に書くことができるものになります。
また、決まりとしては日付・署名・捺印を書くことが決められています。
しかし、書面については特定の決まりはございません。つまり、逆を言えばどんな紙に書いても良いという事なのです。

極端な例として、遺言者が買い物をしたレシートの裏やチラシの裏面に遺言を書き日付・署名・捺印を行ない封筒に封印したものが亡くなった後に出てきたとします。
一般的に考えて、これはどうかと思うところもありますが法律では上記のように決められていますので法的には問題はありません。

上記の例は、あくまで例ですので時間の許せる限りお考えになってから便箋に残されることをお勧めします。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。