近年、遺産相続の関心がとても高くなってきています。
例えば、「親戚や友達の家族が遺産相続でトラブルになっている」と聞いてご自身の遺産相続もトラブルにならないか不安になり、念のため遺言書を残されようとする方が非常に増えてきております。

まず一般の方が残す遺言書の種類として代表的なものがふたつあります。
それは、自筆遺言証書と公正証書遺言です。

このふたつの違いは、文字通りご自身で書いて保管するか、公証役場の公証人に内容を伝えて、証人2人の前で書いてもらい公証役場で保管してもらうというところになるでしょう。
簡単にご説明すると「気軽に残せるのかな」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはそうではなくトラブルにならない為にとお思いならば残された家族が揉めないよう「正確に」遺言書を作成して残さなければなりません。

当サイトでは、より安心できる遺言書。すなわち「相続対策」のご相談も受け付けております。
お気軽にお問い合わせ。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。