遺言書を作成した後に気が変わったり、状況が変わったりして、取り消しや内容を変更したいという方もいらっしゃいます。これは、原則ご本人であればいつでも取り消しや変更ができます。

自筆証書遺言の場合

取り消したい遺言を跡形もなく破棄して新たに書き直すか、新しく遺言書を作成して前の遺言を撤回することを明記します。

公正証書遺言の場合

ご本人で保管している公正証書遺言を破棄しても、 原本が公証役場にあるため遺言を撤回したことにはなりませんので、新たに遺言を作成して前の遺言を撤回しなければなりません。
この場合、自筆証書遺言、公正証書遺言のどちらでも問題ありませんが、できれば公正証書遺言の方が良いでしょう。

どちらにせよ、トラブルを起こさないためにも念のため専門家にご相談することをお勧めいたします。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。