本日のご相談者様の中に、こんなご相談がありました。

「娘2人がいて、うちに子達に限って揉めることなんてないと思う念のため全部をちゃんと等分にするように相続してほしいと思っているのだけれど、どうしたらいいですか?」

このように、ご自身の相続をこうして欲しい、あぁして欲しいと心配なさっている方は、方法は一つしかありません。
公正証書遺言で遺言を作成することです。公正証書であれば改ざんや紛失する恐れはありません。
そして、相続の専門家と一緒に遺言の内容を念入りに考えて証人にもなっていただければ、安心できる遺言書残すことができます。

当センターでは、上記のような心配事をお話しいただければ、最善の方法をアドバイスいたします。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。