本日のご相談者様の中に、こんなご相談がありました。

「娘2人がいて、うちに子達に限って揉めることなんてないと思う念のため全部をちゃんと等分にするように相続してほしいと思っているのだけれど、どうしたらいいですか?」

このように、ご自身の相続をこうして欲しい、あぁして欲しいと心配なさっている方は、方法は一つしかありません。
公正証書遺言で遺言を作成することです。公正証書であれば改ざんや紛失する恐れはありません。
そして、相続の専門家と一緒に遺言の内容を念入りに考えて証人にもなっていただければ、安心できる遺言書残すことができます。

当センターでは、上記のような心配事をお話しいただければ、最善の方法をアドバイスいたします。