前回に引きつ続き、自筆遺言で無効になってしまう事項をいくつかあげてみましょう。

気をつけたい遺言書の内容

・表題は「遺言書」と書く(実際に表題は無くても無効にはなりませんが、相続人がすぐにわかるよう記します。)
・筆記用具は、ボールペンなどの消せないもので書く(鉛筆やシャーペンで書くと、誰かが遺言書を改ざんする恐れがあります。)
・相続する人を明確に特定できるように記載する(遺言書では、法定相続人ではない人も指定して相続させることができますので、遺言者との関係や生年月日も記載しましょう。)
・相続財産を事細かく明確に記載する(相続財産が曖昧になっているとトラブルを起こす原因になります。)
・相続させる内容を明確に記載する(誰に、何を、どれぐらい相続させたいのか明確にしましょう。)
・遺言執行人を決めておく(相続発生後、遺言書の内容を執行する人を決めておけば、手続きがスムーズになります。ちなみに、遺言書でしか執行人を指定できません。)
・文面の最後に必ず、作成年月日、署名を記載して押印する(実印があれば実印が望ましい。一緒に印鑑証明も入れておく良い。)
・完成したら封筒に入れ、封印を押印する(作成した遺言書を改ざんされたりしないよう封印しましょう。)

上記のようなこと知らないを知らないで遺言書を作成しても、トラブルになる原因になってしまうことが多々ありますので、よく知識を蓄えてから作成しましょう。
もしくは、専門家に手伝ってもらうか、公正証書遺言を作成することをお勧めします。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。