相続対策をする上で遺言書の作成はとても大事なことです。

遺言書を残したのにも関わらず、その内容が言葉足りずで残された相続人同士が揉めてしまうこともあります。
すなわち、遺言書を作るとき細心の注意が必要ということです。

過去に、遺言書で被相続人の全財産を相続する内容の場合に、長男が被相続人より先に死亡してしまった時、長男の子どもが長男に代わって相続する「代襲相続」が認められるかどうかが争われた裁判がありました。他にも遺言相続でこのような裁判例はいくつかあります。判決はどれも違っていて、認められる場合と認められない場合があり、様々です。

せっかく遺言書を残したのに、上記のように相続人同士が揉めてしまっては本末転倒です。ご紹介したようなケースを防ぐためには、指定した相続人が万が一、先に死亡してしまった場合の内容も遺言書の内容に記載しておかなければならないということです。

遺言書を作成するときはしっかり勉強してから専門家と一緒に作成すると良いでしょう。

中でも最も好ましい形式は、公正証書遺言です。残されるご家族の為にもきちんとした形、内容で遺言書作成してあげましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。