遺言書についてのご質問でよくお伺いするものの中で、ご家族の方が、遺言者の方に対して「こう書いてほしいがどうしたら書いてもらえるか?」といったお問い合わせをお伺いすることがあります。

そもそも遺言書とは遺言者の最後の意思をしたためるものなので、誰かの気持ちが入ってしまうとその本質とは少し違う形になってしまうと思います。そうはいっても自分に有利な遺言書を書いてほしいという方もいらっしゃいます。このような場合、できる方法はひとつしかありません。遺言者の方ご自身がそう書き残したいと思ってもらえるように期間をかけてお話をしていく他ありません。

遺言書の有無、内容によっては相続そのものの分配割合まで左右するものですから、遺言書のお話は慎重にかつ遺言者の意思を尊重するような形で書き残しておきましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。