遺言書の作成に関して、よくある質問をご紹介します。

遺言書を自分で作ったのけれど、ちゃんと作れているか心配です。

近年、遺産相続の関心が非常に高まり、後世が揉めないようにと遺言を残される方が増えてきています。
ご自身一人で遺言を作成するときは多くの注意が必要です。書き方や内容に不備があると遺言が無効になってしまったり、相続財産を巡ったトラブルが勃発してしまいます。
例えば、「相続財産を明確に記載していない」、「相続人が明確に記載されていない」「遺言者よりも先に誰かがなくなってしまったケースが考えられていない」など、このように遺言を残しても、トラブルになってしまっては本末転倒です。
基本的には、専門家と一緒に遺言の起案をして、公正証書で遺言作成することをお勧めします。