故人が亡くなった後、遺言書を発見し、家庭裁判所での検認を行わずに遺言書を開け、内容を把握してしまった場合でも、その発見した遺言書自体は無効にはなりません。

しかし、検認を怠り遺言書を開封してしまった場合は5万円以下の過料に処せられる場合があります。

遺言書は隠匿や改ざんを防ぐため、発見後直ちに家庭裁判所へ持っていき開封してもらいます。

封がされていない遺言書でも同様です。
遺言書が複数見つかってもすべてにおいて検認手続きが必要です。
逆に言えば、改ざんをされていない証明にもなるため、検認手続きは必ず行わなくてはならない手続きです。

何も知らなくとも、遺言書を開封してしまったら5万円以下の過料が発生する可能性があることを覚えておきましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。