高齢化が進み遺言書を残そうという方がたくさんいらっしゃいます。
そこで遺言書に関して先日、「二つの遺言書があるのですが」とのご相談がございました。
聞いてみると二つの遺言書の内容が違うとのことで悩んでいる状況でした。

お答えから申しますと日付けが新しい最新の遺言書のほうが有効となります。

一度、遺言書を作成しても考えが変わったなど遺言者はいつでも自由に内容を変更することができます。
これといって特に前の遺言を撤回するとか、変更すると記載されていなくても、後の遺言で前の遺言を取り消したとみなされることになっています。

遺言者の希望を通すため、またそのときそのときの要望に沿うようにするために自由に遺言書を作成・変更をしてもよいのです。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。