基本的に遺言書は遺言者が自分で書く自筆証書遺言と公証役場で交渉人に残してもらう公正証書遺言の2つがあります。
そして、遺言書を残す場合はなるべく公正証書遺言にされたほうがよいでしょう。

実際によくある事ですが、自筆証書遺言で遺言書を残したとしてもいざ相続が始まると、遺言書がどこにあるかわからない場合や悪意のある相続人によって隠されてしまい、その遺言書の行方がわからなくなってしまうといったトラブルが非常に多いのです。
また、遺言書が出てきたとしても正式な書式で書かれていないとその遺言書自体が無効になってしまいます。

この様に手軽で費用をかけずに作れる自筆証書遺言ですが、その手軽さゆえ落とし穴がたくさんあるのです。

そのため、ご自身の意思を確実に残したいのであれば公正証書遺言を作成するのが良いでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。