遺言執行者とは、被相続人(遺言者)から遺言書によって相続が発生したときに遺言書通りの相続を実現させる役割を任された人のことをいいます。
相続登記や預貯金の分割等の必要な手続きを行います。
なお、絶対に遺言書によって遺言執行者を決めておくことではなく、被相続人(遺言者)が状況に応じて決めます。

被相続人(遺言者)から遺言書によって遺言執行者の指定がない場合や、遺言執行者が既に死亡している場合は、家庭裁判所に申し立てることで遺言執行者を選任できます。

遺言執行者の選任方法は次のいずれか二つです。
・被相続人(遺言者)から遺言書によって遺言執行者を指定されている。
・相続発生したときに、家庭裁判所に相続人(利害関係者等)が申立をして選任してもらう。