遺言は通常書面で残しますが緊急時のみ、例外的に口頭等で第三者に伝えることで、それを正式な物として認められる制度があります。

死亡危急者遺言

疾病その他の事由によって死亡の危急に迫っている者が遺言をしようとするときは、証人として3人以上の立ち会いがあれば、その1人に遺言の趣旨を口授して、緊急時遺言ができる。

船舶遭難者遺言

船舶遭難の場合において、船舶中に死亡の危急に迫った者は、証人として2人以上の立ち会いがあれば、口頭で遺言をすることができる。

伝染病隔離者遺言

伝染病のために行政処分によって交通を断たれた場所にある者は、証人として警察官1人及び1人以上の立ち会いがあれば遺言書を作ることができる。

遠隔地遺言

船舶中に在る者は、証人として船長又は事務員1人及び2人以上の立ち会いがあれば、遺言書を作ることができる。