遺言書がある場合、その内容に従って相続を行う形になります。
つまり、遺言書を残しておけば、ご自身の希望に沿った相続をさせることができます。
また、遺言がない場合は相続人達が財産をどの様に分割するのか話し合いで決める形になりますが、その際に主張がぶつかり合い、骨肉の争いとなってしまうケースも決して珍しい物ではありません。
そう言った親族間でのトラブルを防ぐ為の相続対策として遺言書を残される事をお勧めします。

また、遺言書にはいくつかの種類があり、それぞれ作成の方法が違います。
遺言書の種類を確認してみましょう。

普通遺言書

・自筆証書遺言
・公正証書遺言
・秘密証書遺言

特別方式遺言書

・一般危急時遺言
・難船危急時遺言
・一般隔絶地遺言
・船舶隔絶地遺言

遺言書を残す際は財産の内訳や、誰にどれだけ残すのか等確認すべき項目がたくさんあります。
その為、残されたご家族様が相続の手続きを進めやすいように、専門家と相談し作成するのが良いでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。