ほとんど使われることのない方式ですが、遺言の内容を誰にも知られたくない場合に使われます。
内容は秘密にすることができますが、作成した後にそれが秘密証書遺言であることを公証人と証人に証明してもらわなければなりません。

秘密遺言のメリット

・遺言の存在を明確にしながらその内容自体は秘密にすることができる。
・遺言の内容を偽造や変造されてしまう可能性が低い
・ワープロによる作成や代筆でも作成ができる。

秘密遺言のデメリット

・作成費用がかかる。
・証人2人が必要。
・遺言を執行する際、家庭裁判所で検認の手続きが必要になりすぐに手続きを開始できない。
・公証役場では保管してくれないので保管場所を考えなければならない。
・遺言書が紛失してしまう可能性がある。
・内容自体は秘密にできるが遺言書の存在までは秘密にできない。

この秘密遺言は自筆遺言と公正証書遺言の間に位置するものに見えます。
一見良いところを取り合わせた様にも見えますが、実際にはデメリットの方が目立ってしまいます。

どうしても内容を秘密にしたいと言うのであればいいかもしれないですが、そのような事が無い限り、遺言書を作成する時は公正証書で残すのが一番良いと言えるでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。