公正証書遺言は遺言者の意思を交渉人が聞き取りそれを遺言として残す方法です。
公証役場で残す為、家庭裁判所での兼任の手続きは必要ありません。
また、原本を公証人役場で保管するので紛失することや無効になる事はありません。

公正証書遺言のメリット

・公証人が作成するため正確性が高い。
・公証人を介してなされているので無効にならない。
・公証人役場で保管してくれるので紛失の心配がない。
・検認手続が不要なため、すぐに相続の手続きに移行できる。

公正証書遺言のデメリット

・作成費用がかかる。
・少なくとも、証人と公証人には遺言書の内容が知られてしまう。
・証人2人が必要

公正証書遺言は、自筆証書遺言よりもはるかに安全で、確実に遺言を作成することができます。
病気で家を出られなくても公証人が家まで出張してくれることもあります。

作成する際、公証人はあくまでも伝えられた内容を公正証書として書き取るだけなので、専門家に相談し内容をすりあわせた上で作成するのが良いでしょう。その際に、執行手続きもお願いした方がよりスムーズに進められます。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。