きちんと遺言書を残したいと思われる方は公正証書で残される方が多いと思いますが、いざ公正証書で残す際どのような物が必要なのか?といったお問い合わせをお受けすることがありますので、代表的なものを挙げたいと思います。

・遺言者本人の印鑑登録証明書
・相続人に相続させる場合には、遺言者と相続人との続柄がわかる戸籍謄本
・相続人以外の人に遺贈する場合には、その方の住民票
・遺言者の実印
※不動産がある場合※
・登記簿謄本
・固定資産評価証明書

遺言内容の起案に合わせて、必要書類の準備も並行して行うことをお勧めします。
遺言の有無で相続人の受け取る相続分が変動しますので、家族構成、経緯等をふまえ相続時に争いが起こらないような遺言書を作成しましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。