相続の税金と言えば一番初めに「相続税」を思い浮かべる方も多いかとは思いますが、その他にも相続に関わる税金がありますので、代表的なものご紹介したいと思います。

まず、相続税の補完税ともいわれる、「贈与税」があります。年間110万を超えるような贈与があった際は贈与税が発生します。節税対策等で贈与を考えられる際に出てくる税金になります。
続いて、相続登記をする際出てくる税金に「登録免許税」です。この登録免許税は不動産の価値・評価金額によって金額が異なりますので、確認が必要です。
最後に「譲渡所得税」です。この譲渡所得税は不動産を売却した際に発生するものです。

このように一言に相続に関わる税金と言っても財産をどう動かすかによって掛かってくる税金の種類が異なりますので、確認が必要です。

相続の手続きに追われ忙しく申告ができなかった。ということがないように、前もって準備をしておきましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。