精神疾患や認知症等の理由でご自身で財産の管理ができない方の代わりに財産を管理していく方を選任する手続きのことを成年後見人申し立てと言い、管理する方を成年後見人と言います。この時財産管理をしてもらう側を被後見人と言います。

この成年後見の申し立ては家庭裁判所にて行い、家庭裁判所の判断のもと後見が開始されます。
またご家族内に、成年後見人に立たれたい方がいらっしゃる場合は申し立てを専門家に依頼することをお勧めします。理由として家庭裁判所の方で後見が必要と判断され、書類の不備等で希望者が後見人に立てないと家庭裁判所が選任をした弁護士や司法書士が後見人に立つ形になるからです。
こういったことにならないために、間違いの無い申し立て、不備の無い書類を作成しないといけません。