本日は不当利得返還請求についてお話したいと思います。
不当利得とは以下のような場合です。

不当利得(ふとうりとく)とは、契約などのような法律上の原因がないにもかかわらず、本来利益が帰属すべき者の損失と対応する形で利益を受けること(利得すること)、またはその受けた利益(利得)そのもののこと。またはそのような利益が本来は帰属すべきだった者に対して自身が得た利益(利得)を返還させる法理あるいは制度(不当利得法、不当利得制度)のこと。日本の民法においては民法第703条から第708条に規定されている。

ウィキペディアより参照

つまり相続人の一人が相続財産を勝手に使いこんでしまったりした場合などにこの不当利得返還請求をすることができ、請求により相続財産を確保することができます。

ただこの不当利得返還請求は立証が難しいとされており、実際一般の方が請求をかけていくのは困難です。相続人の中でこういった不当に利益を得ている方がいる場合には、専門家のアドバイスを聞きながら進めて行くのがよいでしょう。