被相続人が養子縁組をしていて、法定相続人の中に実子とは別に養子の方がいる場合がございます。
この場合、養子と実子は同等の扱いになりますので、みんなで平等に財産を分ける形になります。

法定相続人における第一順の方が亡くなっていた場合、その相続人に子がいる場合はその子が相続権を引き継ぎます。本来親に与えられる相続権を、その子供が相続すると言うイメージです。
これを代襲相続と言います。

では法定相続人の中にいる養子の方が亡くなっている場合はどうなるのでしょうか?

法定相続人の中に居る養子関係の方が亡くなっていた場合、その子供がいつ生まれたのかで代襲権があるかないかが分かれます。

・養子縁組をした後に子が生まれた場合
養子の扱いは実子と同じになります。
つまりこの場合は実子の子、言わば孫と同じになるため、代襲権は発生するのです。

・養子縁組前に子が生まれていた場合
この場合、既に生まれた後に養子縁組を組んでいるわけですから、当然親子関係になるのは養父母と養子だけです。
そのため、養子の子には代襲権は発生しません。