相続するにおいて、被相続人から相続人に対して相続発生の何年前であっても生前贈与であったり遺贈により、それぞれ相続人間での相続分が不公平になり遺産分割で揉めてしまう原因の一つです。

そういった相続開始の際に揉めてしまう原因を一つでもなくすために、相続人間での不公平がでないようにするための特別受益という制度が設けられています。

相続発生の何年も前であろうと生前贈与及び遺贈といった財産分与とみなされた場合、その遺贈、贈与した財産も含めて相続財産として遺産分割をしていきます。

特別受益の対象となる財産は、遺贈されたもの、結納金、支度金、持参金のような婚姻や養子縁組のための贈与、住宅購入資金、高額学費、開業金のような生計の資本金としての贈与、生命保険金や死亡退職金は受取人の固有財産とされてはいるが、あまりにも高額であれば不公平になるので特別受益とみなされる場合があります。