成年後見制度とは、認知症や、知的障害、精神障害等を持った判断能力の不十分な人を保護するため、その本人の代わりに法律行為をおこなったり、本人による法律行為の手助けをする人を選任する制度です。

この成年後見制度は大きく分けると法定後見制度と任意後見制度の2つがあります。

法定後見制度は、すでに判断能力が低下している場合に利用するもので、本人の判断能力の程度に応じて、後見・保佐・補助の3種類に分類されます。
手続きは、家庭裁判所に申し立てをすると、家庭裁判所が適任と思われる人を選任します。

任意後見制度は、自分の判断能力が不十分になった時に財産管理や生活・医療・介護の内容を判断能力があるうちに信頼できる人に依頼するものです。
手続きは、公証役場で公証人の立ち会いのもと行います。