認知症または精神疾患等でご自身の財産が管理ができない方が利用する制度に成年後見人という制度があります。
この制度は相続のトラブルを回避する意味合いで利用されるケースがあります。

具体的には次のようなケースです。
親の面倒を看ている相続人が親の財産を親の入院費用、介護費用等に使った場合、相続時に他の相続人に使用用途を説明をしても信用してもらえず「使い込んだのではないか?」と揉めてしまう場合です。

前もって成年後見の手続きをしていけばこういったトラブルを未然に防ぐ事が出来ます。

きちんと成年後見の申し立てをしておけば家庭裁判所のお墨付きをもらって財産の管理するわけですから、不正もできないですし、相続人に対してもきちんと理解してもらえます。

当センターではこのようなことを回避するためにきちんとした順序を踏んで成年後見の申し立てを案内しております。