結論から申し上げますと、死亡保険金は相続財産には含まれません。
被保険者が亡くなった時点で保険金受取人に帰属される為、財産分割の対象とはならないのです。
つまり受取人になっていた方が、遺産分割協議に関係なく死亡保険金を受け取る形になります。

ただし、受け取り人が被保険者に指定されていた場合は被相続人固有の財産となり、相続財産とみなされ、財産分与の対象になります。

なお、死亡保険金は相続財産の対象ではありませんが、みなし財産(相続財産ではないが、被相続人が死亡したことにより、相続人が取得する財産)として相続税の対象になります。

この様に、受取人が誰になっているかで扱い方が変わってしっまう為、受取人の選定は慎重に行いましょう。
あまり考えず、死亡保険金受取人を決めてしまうケースがよく見られますが、生前に財産分与するという形で見るなら、保険契約の保険金受取人の見直しをするのも良いのではないでしょうか?