一般的には、亡くなった人の遺産をその妻や夫(配偶者)や実子(子供)、または孫が承継することをいいます。
遺産を残して亡くなった方を「被相続人」といいます。また、遺産を承継する方を「相続人」といいます。

相続の開始は、被相続人が亡くなった時から発生します。同時に、相続人みなさんの遺産となり、自動的に相続人みなさんに承継されます。このとき、法律に基づいた相続手続きや届け出をすることなく、被相続人が亡くなったことを相続人が知らなくても、相続は開始されることになっています。

複数の相続人がいる場合は、全ての遺産は相続人全員の共有となるので、遺産分割協議が必要です。遺産分割が決まるまで、共有している遺産を相続人の内、一人が承継したり、処分することはできません。

相続というのは、相続人は何人いて誰がいて、遺産は何があるのか、相続人みなさんが相続するかどうかを決めて、その遺産を相続人みなさんで話し合い、分割方法を決めなければなりません。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。