父が死亡し、前妻の子である私も相続人になることは知っているのですが、後妻とその子供さんとは全く連絡を取ったことがなく、自分の知らないうちに相続手続きが終わってしまうのではないか不安です。といったご相談がありました。

相続手続きをする為には、故人の戸籍を生まれたときから死亡したときまで、一時も途切れることなく揃える必要があります。
そして、相続手続きを完了するまでに相続人が自分自身で署名、押印と印鑑証明書の提出がありますので、知らないうちに相続手続きが終わってしまうということは基本ありません。

なんにせよ必ず自分の署名押印を求めてくる時がきます。その時まで待つか、もしくは自分から連絡をするか、いずれかの対応をしましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。