遺産相続は相続できる人いわゆる法定相続人が決まっています。
日々ご相談の中で孫に相続させたいとご相談される方がいらっしゃいました。
おじいちゃん、おばあちゃんからすると初孫というのは、目に入れても痛くないとよくいいます。

このような場合、ポイントになるのは子の存在です。いわゆる孫の親ですね。
この子が健在か亡くなっているかで孫に相続してもらえるかもらえないかが決まります。

子が健在な場合は、推定相続人は子になります。基本的に相続人で人は相続発生時に遺産分割協議に参加することはできません。よって子が健在の時は、遺言書を作成して孫に相続させることをしなければなりません。

子が亡くなっている場合は、通常、第一順位の子が亡くなっている時は第二順位の親、もしくは第三順位の兄弟姉妹と順番が決まっています。しかし、子が亡くなっていて孫がいる場合は、代襲相続と言い孫が第一順位となりますので相続できることになります。

少々複雑になりますが、孫に相続させたいと思っている方は、自分の子の生死によって相続の方法が変わってきますのでよく知っておきましょう。