被相続人(遺言者)から遺言書によって受ける側の同意なく、被相続人(遺言者)が一方的に相続財産を法定相続人以外に与える行為のことを遺贈といいます。

遺贈を受け取る側を受遺者といいますが、受遺者は法定相続人である必要はありません。
被相続人(遺言者)が財産を相続人以外に与えたい相手がいる場合、その相手は個人、法人を問わず自分の好きなように、財産を自由に与えることができるのが遺贈です。

ただ、相続人には遺留分の権利があるのでその相続人の遺留分を侵害してしまう遺贈であれば、受遺者は遺留分を侵害された相続人から遺留分減殺請求をされてしまう恐れがあります。
遺留分減殺請求をされた受遺者は、その遺留分減殺請求者に遺贈された財産から返還しなければなりません。

遺贈の効力が生じない場合があり、被相続人(遺言者)が死亡する以前に受遺者が死亡しているときです。