相続の手続きをする場合、窓口へ戸籍謄本、住民票など原本を提出しますが、「原本還付」の手続きすることにより、これらの書類を登記完了後に返却してもらうことができます。

他の相続手続きがある場合などには原本還付請求手続きをすると良いでしょう。
原本還付請求しなければ提出した書類はすべて法務局で保管されることになるので、相続登記申請後に「やっぱり返して欲しい」と請求しても返却してもらえないのです。

他の手続きもないから原本還付はしなくてもいいかなと思われた場合でも、遺産分割協議書の原本還付は請求しておいた方が安全です。
万が一、登記後に相続人間で問題が発生した場合、遺産分割協議書が手元にあると手続きがスムーズに行えるからです。

一つの知識として覚えておくと良いでしょう。