相続の手続きをする場合、窓口へ戸籍謄本、住民票など原本を提出しますが、「原本還付」の手続きすることにより、これらの書類を登記完了後に返却してもらうことができます。

他の相続手続きがある場合などには原本還付請求手続きをすると良いでしょう。
原本還付請求しなければ提出した書類はすべて法務局で保管されることになるので、相続登記申請後に「やっぱり返して欲しい」と請求しても返却してもらえないのです。

他の手続きもないから原本還付はしなくてもいいかなと思われた場合でも、遺産分割協議書の原本還付は請求しておいた方が安全です。
万が一、登記後に相続人間で問題が発生した場合、遺産分割協議書が手元にあると手続きがスムーズに行えるからです。

一つの知識として覚えておくと良いでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。