意外かと思われますが、資産家やお金持ちの富裕層より、遺産相続で揉める事が多いのは一般家庭なのです。

遺産の額が大きいほど、相続争いがあるのでは?
と思われがちなのですが、最近でのデータでも相続財産が5000万円以下で揉めている率が約8割を占めているのです。

この5000万円というのは、現在の相続税の基礎控除が5000万円+1000万円×相続人の数のことで、揉めているケースのほとんどが相続税のかからない人たちなのです。
相続財産がないと思っている家庭ほど揉めるというのが現実です。

大した財産もないから生前対策の必要もない、家族の仲も悪くないと思っていても、相続が開始したとたんに揉めることはよくあることです。

来年から相続税も改正され、どんな家庭であれ相続対策は必要だと思います。