亡くなる日の三年以内にもらった財産は、亡くなった日には被相続人の財産ではありません。では、なぜ相続税がかかるのでしょうか。

理由は相続税を安くし過ぎないようにするためなのです。

相続税を安くするためには生前贈与の方法があります。
しかし、生活している中で、生前贈与が有効な方法だとわかっていても実際、本人を目の前にして話しだすのが中々難しかったりと、生前贈与をしない家庭が多いのです。

そしていざ、被相続人があとわずかな命というときにあわてて、相続税を少しでも安くしようと、生前贈与をするという家庭が多いのです。

このような駆け込み的な生前贈与によって、相続税を安くすることがないように設けられたのがこの制度です。

お考えの方は、やはり早めの話し合いが大切です。