Ⅰ、契約者・被保険者→被相続人(故人)、 受取人→相続人とした場合

受取人が相続人としてある為、相続人が保険金請求権を取得します。保険料を故人が払っていることから贈与や遺贈のように見えますが、保険金請求権は保険契約に基づいて発生するため、受取人の固有財産と考え相続財産には入れないで考えます。

Ⅱ、契約者・被保険者・受取人→被相続人(本人)とした場合

受取人を本人としている事から、本人の財産を死亡によって本人に代わって相続人が保険金の請求権利者になったのです。この場合は相続財産に入れて考えます。

Ⅲ、契約者・被保険者→被相続人(故人) 受取人→配偶者とした場合

配偶者が保険金請求権を取得しています。これは固有財産といえます。

実際、遺言書に明記されてあればその通りに従えばいいのですが、明記されていない場合、私たちセンターの回答としてこの3つのケースをご相談者様にお伝えしております。