例えば、両親のうち父が亡くなり、母と子供たちが相続をした時が一次相続となり、その後に母が亡くなり、子供たちが相続した時を二次相続と言います。

その一次相続と二次相続で実際、遺産分割協議などにおいて揉めるのが多いのは二次相続の方なのです。

なぜ、二次相続の方が揉めるのか?

もし一次相続で父が亡くなった場合、母がいるため相続人の子供たちは、お母さんの手前あまり自己主張ができないのと、お母さんの意思を尊重しようということもあり揉めることはあまりないと思いますが、二次相続の場合そのお母さんが亡くなるため、兄弟や姉妹は対等な位置関係となってしまい止める者もいなくなっている状況なので二次相続で揉めるケースは多いのです。

なかのいい家族関係と二回目の相続だから問題ないと思いますが、言い方を変えますと子供たちからしたら最後の遺産相続なので、やはり揉めるケースは非常に多いです。