夫が亡くなり夫の妻と夫の内縁関係の方がいた場合の相続はどうなるのでしょうか。そして、どちらの間にもお子さんがいる場合、相続の分配はどうなっていくのか。という問題を今日は書いていきたいと思います。

妻の間にできた子は嫡出子、内縁の間にできた子は非嫡出子といいます。
非嫡出子の子は被相続人より認知されていて初めて相続の権利を得ることになります。

上記のことをふまえ、被相続人の財産が1200万円あったとします。これを妻と嫡出子、認知された非嫡出子の3人で分配することになります。
内縁の方には相続権はありません。

まず、妻に1/2、嫡出子、非嫡出子は同等のものとなりますので1/4となります。

妻 600万円
嫡出子 300万円
内縁の方 なし
認知された非嫡出子 300万円

ということになります。