いざ、相続が始まったら家族関係図を作ります。人間関係図ともいいます。
なぜ作るのか?と思われますが、単純に法定相続人がわかります。わかることにより法定相続分もわかっていき、誰がどれくらいの相続の権利があるのかがみえてきます。なによりも箇条書きなどで文面に起こすよりも、図面に起こしてみたほうが他の人がみても一目瞭然で把握できるからです。
また、相続が発生していなくても、親戚がどれくらいいるのか把握するために家族関係図を自分で簡単に作ってみるのもいいかと思われます。

近年、高齢化社会にともなり、個人で家族関係図を作る方も増えています。戸籍謄本や除籍謄本などの書類を集めていくなかで、漏れがあったりなどで二度手間、三度手間となるケースもたくさんあります。時間がない方など間違いのないよう作成されたい方は専門家に頼むのがいいでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。