大事な家族が亡くなり途方に暮れる生活の中にも、相続の期限があります。
あまり考えたくはありませんが、相続の簡単な時系列を書きたいと思います。

1. 死亡の確定
2. 死亡届け(7日以内)
3. お通夜と葬儀
4. 葬儀費・埋葬費・生命保険の請求
5. 健康保険と年金の手続き
6. 遺言書の確認
7. 相続財産の概算把握
8. 四十九日の法要
9. 相続放棄・限定承認(3カ月以内)
10.準確定申告、納税(4カ月以内)
11.相続財産の調査
12.遺産分割
13.名義変更
14.相続税の申告と納税(10カ月以内)
15.遺留分減殺請求(1年以内)
16.未分割財産の分割(3年以内)

一通り並べてみましたが、最初に期限があるのが7日以内の死亡届ですね。死亡診断書を市町村村役場に提出します。
気になる手続きなどがありましたら、各専門家に聞いてみましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。